夢を叶えたくて頑張る日々の日記


by ristorantemasumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

メンチカツとコロッケ

c0196102_221932.jpg外で食べたメンチカツ定食に感動しなかったからって私に作ってもらうと思った旦那さん。私はメンチカツは作ったことがないよ。。。
嵩増ししようとタマネギ多めにし、ジューシーに仕上げようと牛脂を入れました。私としてはメンチカツよりコロッケが食べたいので、同じタネに茹でたじゃがもを加えてコロッケにしました。どっちがどっちかわかんないじゃん!と旦那さん。スーパーの総菜コーナーでもそうだと思うけど、コロッケは楕円型でメンチカツは丸型ですぞ。







写真はカットして中身が見えるようにすべきだったぁ。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-26 22:22 | Cooking

沈まぬ太陽

c0196102_21591637.jpg3年ぐらい前に旦那さんが夢中になって読んでいた「沈まぬ太陽」が映画化(HPコチラ)されて興奮気味です。急いで読み始めた私ですが、ちょっと厚めの単行本5冊なので読み終わらないまま公開となった。原作本より先に映画を観てしまうのは初めてかも。

この映画3時間以上もあり、途中休憩が10分あるほどです。
内容が難しいだけに年齢層はかなり高めでした。
そのせいか?!私の隣の男性から酷いオヤジ臭がしてきて映画に集中できないよ。。。←旦那さんじゃない方の隣の席の人ね
ポップコーンの匂いがついた自分の指を鼻の近くにかざして観たよ。


政治の世界に正義は存在するのでしょうか?

沈まぬ太陽(1)アフリカ篇(上) (新潮文庫)
沈まぬ太陽(2)アフリカ篇(下) (新潮文庫)
沈まぬ太陽(3)御巣鷹山篇   (新潮文庫)
沈まぬ太陽(4)会長室篇(上) (新潮文庫)
沈まぬ太陽(5)会長室篇(下) (新潮文庫) 

山崎 豊子 / 新潮社


[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-26 22:22 | Books n Movies
c0196102_14435479.jpgこんにゃくだけで作るはずが、まいたけとしめじを使いきってしまわないといけなかった。

作り方は、こんにゃくは下茹でしておきましょう。
他は、ごぼうのきんぴらと一緒ですが、今回はゆずこしょうも加えました。したらきの方が味が滲みやすいですが、板こんにゃく使ったので切り目入れてあります。









旦那さんが飲み会の時には一人であり合わせでご飯食べる私。
今日は、1日置いて味が滲みたコチラをおかずに一人飯。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-23 19:58 | Cooking

豚の生姜焼き

c0196102_1443929.jpgこのメインって「豚の生姜焼き」ではなくって、
実は「キャベツの千切り」です。
夫婦2人で大きめのキャベツ1/2個分食べちゃったよ。
豚の生姜焼きの汁が滲みたキャベツがなんともうまい!











ときどきキャベツの千切りをたらふく食べちゃうのは
私だけ?!
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-23 19:55 | Cooking

きんぴらごぼう

c0196102_2219397.jpg野菜が高騰している中、私が最も買わなくなった野菜はにんじん
私にとってはいつも彩りのためだけに料理に入れていたから。

ごぼうのきんぴらにだって今は入れません。
このきんぴらはいつも私が失敗する料理。
それは味じゃなくて、切り方なのだ。
3~4mm の細さに切るのが苦手?なのか、坦々と切ってると
いつのまにか極細になっている。






白ごまがきれていた。。。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-23 19:55 | Cooking

春菊のナムル

c0196102_23263533.jpgまたまた鍋で余った春菊。
今回はサッと茹でて、「春菊のナムル」にしました。

茹でた春菊に半ずりごま・塩・ラー油・ゴマ油を合わせただけ。
他に何も加えてないので、かなり苦いです!
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-20 22:08 | Cooking

れんこんのきんぴら

c0196102_2325536.jpgやっとれんこんの季節が始まり、値段も下がってきた。
私の大好物の野菜の一つなのでうれしい!
シャキシャキ感を楽しむために、私はイチョウ切りにしません。

れんこんは適当な大きさに切ったら酢水に浸けて
アク抜きと黒ずみ防止を。
フライパンにごま油を入れて水切りしたれんこんを加えます。
赤とうがらしも加えたら、中火でざっと炒めます。
だし汁・酒・しょうゆ・みりんを入れて炒め煮します。
水分がとんで汁気がなくなったら完成!
お好みでごまをふりかけて。

れんこんを薄切りにしていれば、出し汁は不要です。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-20 22:08 | Cooking

モツごまみそ鍋

c0196102_23382220.jpg週末は鍋ばっかりだ。。。
またまた手抜きでごまみそ鍋の素を使いました。
我が家では、鍋には白菜を入れません。
あの煮込んじゃったドロドロ感が2人ともダメなのだ。
だから、お互いが好きなものだけいれちゃいます。

本日は、モツ・鶏肉・きのこ類・春菊・ニラ・生マロニーちゃん・薄揚げ
辛くないタレだったので、唐辛子を追加。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-20 22:08 | Cooking

大根の塩昆布和え

c0196102_2325116.jpgビニール袋に拍子木切りにした大根と塩昆布・唐辛子・ちょっぴりのお酢を加えてよく揉みます。しっかり空気を抜いたら冷蔵庫で2時間程度冷やしたら食べごろ。お好みで醤油は一味唐辛子など。
昆布好きの私は、たっぷり入れすぎです。。。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-20 22:07 | Cooking
c0196102_2327985.jpg北海道旅行のお土産のじゃがいもがまだまだあるので、
たくさん使って「じゃがいものアンチョビガレット」。
じゃがいもをマッチ棒より細めの千切りします。
注意!絶対に水に浸してはいけませんよ!
じゃがいもに塩コショウ・みじん切りにしたアンチョビを混ぜたら、オリーブオイルを敷いたプライパンに広げて焼きます。弱火でじっくりと表面がカリカリになるまで。焼いてる間は、落としブタや皿などで軽く押して平らにします。
ひっくり返したら同様にこんがりと焼いて完成!
私は表面にパルミジャーノレジャーノをちょっと振りかけました。
表面のカリカリ部分は、ポテトチップスみたいでおいしい。
中はしっとりモチモチで2度おいしい。

シンプルにジャガイモだけをバターで焼き、マスタードやケチャップで食べるのもいい。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-20 00:00 | Cooking