夢を叶えたくて頑張る日々の日記


by ristorantemasumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Architecture( 35 )

スカイツリー進捗状況

c0196102_17515796.jpg昨日テレビでスカイツリーがずいぶんと出来始め、すでに観光地と化しているというニュースを見ました。秋晴れの本日、自転車に乗って進捗具合を勝手にチェックしに行ってきました。
すでに公式HP もあり、現場のWEB カメラも見れますよ。
今現在164m までたち上がり、すでに墨田区で一番高い建造物。
完成すると高さ610.58m となり、東京タワー333m の約2倍。





スカイツリーは
設計・監理:日建設計
監修者:澄川喜一、安藤忠雄
施工:大林組

ちなみに、東京タワーは
設計者:内藤多仲、日建設計
施工:竹中工務店
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-10-11 18:21 | Architecture

Hospital de Sant Pau

c0196102_115460.jpg見た感じとても病院には見えない
サン・パウ病院」、ユネスコの世界遺産に登録されています。
カタルーニャ音楽堂を設計したリュイス・ドメネク・イ・モンタネールによって1902~1930にかけて建築されました。ムデハル様式のこの豪華な病院敷地内には、中庭よりシンメトリに多数の建築物が並んでいます。
右側の棟は男性・左側の棟は女性の病室、中央の建物(右写真)は手術棟です。もちろん今も病院として使われているので、白衣を着た医師の他患者さんやお見舞いに来た方はもちろん私のようにカメラを持った観光客がいます。全ての棟は、地下通路で繋がっているんだそうです。夕方行ったので、病院と考えるとちょっと怖かった。建物正面入り口に立つとサグラダファミリアがキレイに見えます。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-04-17 01:24 | Architecture

Casa Milà

c0196102_2225491.jpgすっかり忘れてたけど、
この記事(←クリック)の正解は、「カサ・ミラ」。街燈のデザインも同様、アントニ・ガウディの作品のひとつ。この建物は私が泊まっていたホテルから近く毎日必ず通っていた場所。直線部分がなく、波打つ曲線は地中海をイメージしています。建設当時は、市民に不評で「石切場(ラ・ペドレラ)」と呼ばれていたんだそうです。
内部写真をたくさん撮ったのですが、
レイアウトに悩み過ぎてギブアップ。。。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-04-14 23:23 | Architecture

イタリア中部地震

c0196102_23184249.jpg今回のイタリアはローマから100km 離れたラクイラが震源地ですが、ローマでも揺れを感じたそうです。イタリアを旅行中に限らず、オーストラリアで生活しているときも、建築物を見るときはやはり真っ先に地震に関する耐震強度について考えてしまっていました。イタリアでは数百年前に建てられた建物ばかりで、それはホントにレンガを積んだだけです。フィレンツェは街全体が世界遺産でそのまま保管され、未だにその建物で生活している人々が居ることが私にはびっくりでした。一刻も早く、イタリア政府に手を打ってもらいと願うばかりです。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-04-14 23:23 | Architecture

Duomo di Milano

c0196102_6113452.jpgミラノのドゥオーモ」は、
世界最大のゴシック建築です。

このドゥオーモには135本の尖塔があり、そのてっぺんには聖人が立っています。一番高い位置に金のマリア像があり、昔はこのマリア像より高い建物を建ててはいけなかったそうです。実は、豪華ランチを食べて酔った状態でこのてっぺんまで螺旋階段で上り、かなりフラフラだったのです。酔いがさめるまで、屋上(右写真)で聖人たちを眺めておりました。
内部は、たくさんのステングラスにびっくりしますよ。この教会は、建設費がなかったので天井の細工は作れず「絵」で書いてあるんだそうです。所々剥がれてなければ、本物と疑いません!床に至っては、白の大理石は風化に弱く古い箇所の大理石はデコボコしてるのが自分の足で確認できます。


c0196102_6123426.jpg

[PR]
by ristorantemasumi | 2009-03-18 01:00 | Architecture

Casa Batlló

c0196102_556638.jpg2005年にユネスコの世界遺産に登録されたばかりのアントニ・ガウディの作品群の1つである「カサ・バトリョ」。
お隣の「カサ・アマトリェール」は残念ながら改修工事中で建物のファサード全体が足場で覆われて見れませんでした。セットで見ると余計にかわいかったのになぁ。
ライトアップされた写真は、右が夕焼けモード。左が、夜景モードでどちらもフラッシュは使っていません。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-03-17 17:57 | Architecture
c0196102_613383.jpg
日曜日の11時ごろ行ったら、入場者の列がすっご~く長くてびっくりっ!今朝9時半ごろ出かけてみたら、待ち時間なしで入れました。上部へ行くためには、エレベーターに乗らなきゃいけないのですが有料(€ 2.50)。後でいいやとまずは1階部分と地下を見学してたら、エレベーター待ちがすごいことになってました。なので、まずは上部に行くことをお勧めします。オーディオガイダンスは、日本語バージョンなくて英語バージョン借りました。
内部には日本人観光客がとても多いですが、殆どが建築関係の人だったかな。そんな匂いがしました(笑)
c0196102_6225064.jpg
私らが入場料として支払ったお金は、もちろん今後の建設費にも充てられています。が、他のガウディ作品と比べたら安いし今後のことも考えて、
サグラダ・ファミリアだけは€ 20ぐらいでもいいと個人的に思います。(今現在€ 11.0でちょっとずつ値上がりしてるみたいです)そしたら、進捗率も上がるしね。実は建物よりも、職人さんたちの仕事が気になって近くでガン見してました。頑張って!!日本人ぽい髭のおじさん発見したけど、日本人か?!ちなみに、外尾悦郎さんはイエスの生誕を作られた彫刻家で、ずいぶん前のネスカフェゴールドブレンドのCMに出てたのを覚えてます?
その時に、サグラダファミリアも映ってたしね。ダバダ~、ダ~バ・・・♪
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-03-17 07:31 | Architecture
c0196102_632295.jpg
疲労がピークに達してますが、夜どんな風にライトアップされてるのかなぁ~と行ってきた。ホテルから地下鉄で1駅ととても近いのですよ。ホホホッ
行ったのが、19時25分ごろです。ライトアップしてないじゃん!と思いつつ、撮影開始。カメラの夕焼けモードもしくは夜景モードで撮影すればとてもキレイです。みんなフラッシュたくけど、届かないで~。無意味だよと思うんだけど、世界共通らしくあちこちでフラッシュ★なんと19時半からライトアップだったようで、点灯の瞬間見れてラッキーでした。東西のファサードでは、それぞれのイメージに合わせてライトも違います。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-03-17 07:30 | Architecture
c0196102_346354.jpg
誰もが知っている「サグラダ・ファミリア」は、東側の生誕のファサード(写真左)と西側の受難のファサード(写真右側)が有名。1882年にガウディではなく、フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受けて着工し、翌年から当時無名だったガウディが設計を一からやり直し生涯をかけて取り組んだのです。未だ建設中で完成目標をガウディ没後100周年の2026年としているようですが、予測では2256年頃と言われています。
最も有名なこの建築物が、違法建築だというのが笑えちゃう。未だ大型クレーンが数棟建ち上がってます。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-03-16 16:39 | Architecture

Basilica di San Pietro

c0196102_6541297.jpg
全世界のカトリック教会の上に君臨する大寺院「サン・ピエトロ寺院」。一切の宗教を信じていない私ですが、ここはとても緊張する場所です。
ダビンチコードのせいかな?!国全体が「ヴァチカン市国」としてユネスコの文化遺産に登録されています。
[PR]
by ristorantemasumi | 2009-03-10 23:57 | Architecture